ニーズの掘り下げ

ロングテール方式

アダルト業界で作品を作ったり女優を発掘したりしている大手プロダクションも今はエッチ業界は盛り上がっているからといって何も胡坐をかいているというわけではありません。

色々な企業努力をしていないと今はすぐに飽きられてしまう世の中ですので他の会社に負けてしまいます。競合他社というライバルがいるからこそ今もなお多くの作品を生み続けていると言っていいでしょう。

大手会社は特にユーザーの声に耳を傾けていると言っていいでしょう。可愛い容姿に優れた女性だけを出演させるだけではもはやこれだけの多くの女性が出演しているのですからユーザーも見あきてしまっているのです。

ただ女性が出ているだけではなくてストーリーにこだわってみたり趣味嗜好に対してどのようなものをユーザーが求めているのかというのをちゃんと理解してアウトプッシュしているからこそ利益が出ているのではないでしょうか?

また今までとエッチ動画を見る方法が変わってきたといってもいいでしょう。

今までだったらレンタルショップにいくという人がほとんどだったことでしょう。そうなってきたときにパッケージありきで判断していたと思います。

とにかく可愛いだったり綺麗というのを前面に出して紹介していました。そこでパッケージに騙されてしまうという人も多かったですが、容姿ありきだったのがインターネットが誕生したことで気軽に視聴することが可能になりましたよね。

そのため自分が本当に好きなものや見たいものというのを試し見た上で購入や動画再生が可能になったと思います。だからこそより自分の趣旨嗜好というのを求めるユーザーが増えてきたのでコンテンツにこだわったり、設定を変えたり色々なことをしているのです。

ただなんとなく作品を作っているわけではなくて色々なものをとにかく作ってその中で購入意欲を刺激しているのでマーケティング力はかなりのものと言っていいでしょう。こういった部分は一般企業もみなられるのではないでしょうか?

お客が求めているものを作るというのは簡単そうですごく難しいのです。