漢方・東洋医学から学ぶ健康生活

現代人は悩みが多い

漢方で健康的に生活する

漢方・東洋医学から学ぶ健康生活

漢方を知れば知るほど偉大さが分かる

漢方ってなんだか効果がないとか胡散臭いみたいな印象を持っている人もいるかもしれません。

漢方は奈良時代に伝来した中国から日本に渡って、独自の進化を遂げて来た漢方は胡散臭いものではなく、数千年の試行錯誤を繰り返して今日まで確立された素晴らしい医薬品なのです。

あまり漢方について詳しく知らないという人の為に紹介していきたいと思います。

まず漢方と漢方薬は意味合いがちょっと違ってきます。

漢方というのは幅広い意味合いを持っていて「養生・気功・整体・薬膳・鍼灸」などを総じて用いられます。

つまり漢方という枠の1つに漢方薬という分類があると思ってください。

スポーツで例えるのであれば“球技”の1つの野球があると思ってください。

漢方には、自然のものを活用して「自然治癒力を高める」という考えのもと行われているのです。

簡単に言うと西洋医学に関しては今病院の傷や病気を治す・緩和という考えですが、漢方ではこれから病院にならないようにするための土台作り、自分自身の自然治癒力を高めるという考えがあるのです。

病気ではないけど体がだるいとか重いといった未病の日々が続いてしまっているとバランスが乱れていることを体が発しているわけです。

その根本を正そうとしているのが漢方です。

未病で挙げられるのがニキビや便秘・冷え・不眠などが挙げられています。

こういった未病の段階から体の内側からしっかりと健康でいる体を作り上げようとするのが漢方です。

今現在何かしら不調をきたしている人は漢方についてしっかりと理解をして欲しいと思うので紹介していきます。

「健康を目指す」ということに関しては日本では怪しいというイメージがあるかもしれませんが、漢方は世界中で注目されています。

毎日を健康で過ごしたいと思っている人は是非ともご覧になって欲しいです。

西洋医学との組み合わせが大事

東洋医学と西洋医学は一緒に使ってはいけないという風潮があるかもしれませんが、そんなことはありません。

もちろん医薬品の組み合わせによっては薬の相互作用によって悪影響を与えてしまうこともあったり、薬が成分を妨げてしまうこともありますが、併用しても問題ない組み合わせがあります。

症状によっては医者に止められるかもしれませんが、どちらか一方しか使ってはいけないというルールは無いのです。

漢方などは自分の今ある体をいい方向に内側から変えて行く目的があり、ようは自分の体の内側から変えていくためどうしても時間がかかる場合もあります。

その分静養医薬品というのは効果がハッキリと出るので、即効性があるわけですよね。

ですから例えばですが、ED治療薬などがいい例なのではないでしょうか?

ED治療薬として非常に有名なのがバイアグラです。

老若男女問わず世界中で名前が知れ渡っていますし、多くの勃起不全に悩んでいる人が利用しているわけです。

バイアグラが誕生したことによって多くの男性が自分に自信が持てるようになりましたし、パートナーとなる女性も喜びますよね。

性行為がない夫婦というのはお互いに不満やストレスを抱えていたり、言いたいことも言えない関係になっています。

たかが性行為と思うかもしれませんが、夫婦にとってはとても重要なコミュニケーションが取れる瞬間でもあるわけです。お互いのことを『好き』であり、『愛している』という再認識をする場所でもあるわけです。

そういった場所があるからこそ多少の喧嘩や不満を言い合ったりすることも出来るわけです。

性行為が月に1回でもある夫婦と、全く無いという夫婦ではお互いの仲の良さも違っていますし、離婚率なども明確に違うというデータもあるわけです。

家族関係が良好でいるためにはやはり性行為というのはとても大事なものなのでED治療薬を使って性行為が出来るようにしましょう。

またED治療薬というのは別にバイアグラだけではありません。

バイアグラが誕生したのは1998年であり、2018年時点で20年以上経っていますから新しい薬というのも続々と誕生しているのです。

続々と新しい薬が誕生しておりバイアグラより凄い!次世代のED治療薬が誕生しています。

日本の病院でも今主流となって処方されていてバイアグラの次に誕生したことから第2世代のED治療薬と言われているのがレビトラです。

レビトラはバイアグラとほとんど同じ化学構造式をしていますのでバイアグラの効果を実感できる人はレビトラでも大いに効果を実感することが出来るでしょう。

このレビトラの特徴は即効性にあります。

服用してから早い人で15分から効果を発揮しますし、30分ほどで多くの人が効果を実感することが出来ます。

バイアグラの場合はだいたい早い人でも40分、一般的には1時間かかると言われていますのでレビトラがいかに早いかがわかると思います。

さらに日本の国内で今最も新しい薬でバイアグラが数えて3つ目ということで第3世代のED治療薬と言われているのがシアリスです。

シアリスはこれまでのバイアグラ・レビトラと違って遅効性でゆっくりと薬が効いてきます。

だいたい服用してから3時間前後で効き始めるという特徴があります。

しかし、ゆっくりと胃の中で溶けていくので副作用も少ないですし、何よりも最大36時間もの持続作用時間があるということで1錠服用したら1日半持ちます。

夫婦生活を送っている人はだいたい週末に性行為を行うことが多いので金曜日の夕方に1錠服用したら日曜日の朝まで菊ということで週末を乗り切れるということから別名「ウィークエンドピル」と呼ばれています。

シアリスは日本での知名度としてはあまり高くは無いかもしれませんが、ED治療薬の中でも需要は高く2012年にはシェア率がNO.1にもなったことがあるほど海外では需要があります。

バイアグラ・レビトラ・シアリスは非常に有名であり、別名三大ED治療薬とも呼ばれています。

しかし、日本ではまだ認可されていませんが、世界中で発売されて多くの人が利用している最新のED治療薬で第4世代のED治療薬とも呼ばれているのがステンドラと呼ばれる薬です。

日本ではなかなか薬の認可がおりないため世界中で販売されていながらも日本で発売されるまでに時間がかかってしまいます。

とはいえ最新の薬を使いたいと思いますよね。そんな時は医薬品個人輸入代行サイトを利用すれば購入することが出来ます。

医薬品個人輸入代行サイトならば通販で医薬品を手に入れることが出来るので24時間時間も場所も関係なくパソコンやスマホからクリック1つで購入することが出来ます。

また医薬品個人輸入代行サイトを利用すれば日本では手に入れることが出来ない最新の薬だけではなくてジェネリック医薬品も購入することが出来るのです。

日本で発売されているED治療薬は未だにバイアグラしか認められていませんが、医薬品個人輸入代行サイトを利用すれば日本では最新のED治療薬と言われているシアリスのジェネリック医薬品も購入できてしまうのです。

もっと言ってしまえば日本ではまだ承認されていないステンドラのジェネリック医薬品であるアバナも購入できてしまいます。

医薬品個人輸入代行サイト自体の知名度は決して高くありません。

しかし、医薬品個人輸入代行サイトさえ利用すればわざわざ病院に行く時間も手間も懸かりませんし、最新の医薬品を気軽に手に入れることが出来ます。

今の時代は病院に行って処方してもらう時代ではなく今後はバイアグラ・レビトラ・シアリスを通販で購入するのが当たり前の時代になってきます。

今後はますます需要が伸びて行くことでしょう。

漢方と西洋医学を上手に組み合わせていくことで最新の薬を使ってその場での性行為をスムーズにしつつ漢方の東洋医学を駆使することで自分の体を改善していけば良いのです。

どちらか一方しか使ってはいけないというものではないので上手に医者と相談しながら使い分けていくようにしましょう。

↑ PAGE TOP