アンチエイジング

いつまでも若々しい肌へ

芸能人でも使われている

アンチエイジング

肌は体の不調のサイン

肌の老化というのは20代の半ばから実は始まっていて30代ともなるとシミやシワが目立つようなってきます。

女性からしてみればいつまでもみずみずしい肌でありたい、いつまでも張りがあって若く見られたいと思うのは当然だと思います。

肌の老化を少しでも遅らせたいと願うのは女性ならば誰もが思うことです。

肌が老化するメカニズムは肌のハリを保っているコラーゲンが減少して弾力を失ってしまうことが原因です。

このコラーゲンの量は女性ホルモンの中の(エストロゲン)と呼ばれるものでコントロールされているのですが、エストロゲンによって女性らしい体を形成したり、妊娠に備えるための生理を起こしたり、肌の水分量などの美肌作りにかかせないものとなっています。

しかし、残念ながら20代半ばからはエストロゲンの分泌量は年々減っていってしまいます。

これに伴って肌のハリやみずみずしさは徐々に無くなっていってしまうのです。

その肌の弾力が減るにつれて毛穴の広がり、シワからのたるみとなってどんどんフェイスラインが崩れるようになってきます。

毛穴とかシワというのは女性は聞きたくも無い言葉かもしれません。

また、女性の悩みのたねとしてあるのがシミです。シミは紫外線によるダメージの蓄積です。

若いときは太陽の紫外線に浴びても問題ないですが、やはり徐々に紫外線を浴び続けることでダメージが溜まっていきます。

紫外線に当たり続けると肌を守ろうとしてメラニン色素を生成します。

本来、作られたメラニンはおよし4週間ほどで皮膚の代謝によって剥がれおちてもとの肌の色に戻るのですが、年齢を重ねると皮膚の代謝が遅くなり、40代になるとおよそ6週間もかかるようになってしまし、徐々にメラニン色素が肌に残るようになってそのまま沈着してシミになるのです。

さらにアンチエイジングは昔の間違った方法や科学的根拠が無い広まりをしたこともありました。中には実は老化を促進させていたものもあるのです。

今と昔ではアンチエイジングの方法が違っています。

例えばコラーゲンを経口摂取すればみずみずしい肌を取り戻せるとされていましたが、経口摂取では体内で分解されるため意味が無いというふうに変わってきているのです。

アンチエイジングの基本的な考え方は、老化未然に防いで遅らせることです。

日常生活では、なるべく紫外線を避けつつ、バランスのいい食事をして規則正しく寝るようにしましょう。

また出きる事ならば夜の10時ごろには寝るようにするのが良いとされています。

夜の10時から2時はお肌のゴールデンタイムと呼ばれていてもっとも女性ホルモンが生成される時間帯ですが、その時間帯起きていると女性ホルモンが十分に生成されません。

早寝早起きを心がけるようにすることが正しいスキンケアの第一歩です。

基本的なことを守れなかったらどんなに高い化粧水を使っても効果が半減されてしまいます。

漢方薬では、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)と呼ばれる血液の流れを良くする働きがあり、皮膚の代謝を皮膚の代謝を正常にしつつお肌の潤いを保つように導いてくれます。

アンチエイジングは漢方の成分が多く使われているので、自分に合った漢方薬を処方してもらいましょう。

漢方薬は体全体を健康バランスのいい状態にするために冷え性や乾燥肌などの改善も合わせて行ってくれます。

↑ PAGE TOP