冷え症

エネルギー不足

冷え性は病気の引き金になりやすい

冷え症

女性の半数以上が悩んでいる

女性専用の悩みとまで言われていた冷え性は実に成人女性の半分以上が悩んでいるとさえ言われています。

特に末端部分となる手足の指などは冷やすいですし、腰なども冷えて痛めてしまうという女性も多いです。

さらに、冷えによる原因で生理痛が酷くなってしまったという女性もいたりするので女性からしてみれば何とかしたいものですよね。

また今は女性だけではなくて男性も冷え性で悩んでいると言う人も多いのです。

男性も増えてきたとはいえやはり女性がかかりやすい冷え性ですが、どうしても女性の場合は月経などから貧血気味になりやすかったり、女性ホルモンの乱れから自律神経が麻痺してしまうことがあるため男性よりも冷え症になりやすいと言われています。

自律神経というのは体温調節関わる部分で、体が熱ければ汗となって熱を出し、寒いときには筋肉を震わせて熱を生産したりする重要な部分ですがそこが乱れることで冷え症になってしまうものです。

自律神経が乱れる原因として多いのが過剰な冷暖房や食生活の乱れ・不摂生そしてストレスなどが上げられます。

特に問題視されているのが夏場のエアコンです。

日本は猛暑で蒸し暑い為にエアコンは必須です。熱中症になって救急車で運ばれることも珍しくなく、全国各地で外出時には注意してくださいといわれるほどです。

しかし、だからこそ室内の温度をガンガンに冷やしてしまえばちょっとお昼休憩に外に行って帰ってくるだけで温度変化が±10になることもあるので自律神経が乱れてしまうわけです。

女性が冷え性で悩まされるのが月経痛があります。

今までは特に生理痛などは辛いとは思わなかったのに、冷え症になってから痛みが増したという人もいます。

夏場の暑いときでも手足だけは冷たいという女性は体に不調が起きているサインでもあります。

夏場は職場にブランケットや羽織るものや手袋などを用意しておいてもいいでしょう。

防寒具をつけて温暖さが無いようにしましょう。

漢方の世界では冷え性というのは「気(き)・血(けつ)・水(すい)」のどれかしらのバランスが崩れていると考え中でも気となる自律神経の乱れが原因にくると考えられていますので自律神経を整えるための生薬を配合した漢方薬が処方されます。

ストレスを改善する漢方薬として抑肝散(よくかんさん)、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)、香蘇散(こうそさん)、桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)、四逆散(しぎゃくさん)、抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)などなど沢山の種類をブレンドされたものが渡されるのです。

さらに出きる事ならば夏場でもお風呂に入ったり、エアコンを直接風が当たらないようにしつつも一定にするなどして冷えすぎない空間に保つようにしましょう。

↑ PAGE TOP