生理不順

男性から理解されない苦しみ

人によっては動けないほどの痛み

生理不順

個人差や症状にも違いが出る

生理不順に悩んでいる女性は多いです。

毎月来る生理に対して頭を抱える人も多いです。

そもそも生理になるとなぜ痛み出るのかというと月経になると、「プロスタグランジン」という生理活性物質が子宮内膜で作られるのですが、プロスタグランジンが子宮の平滑筋という筋肉を強く収縮させることで、要らなくなった子宮内膜がはがれ、外に排出されます。

このときに収縮が過度に起こってしまったり、収縮に過敏になること痛みと感じてしまうようです。

この痛みの延長線上にある痛みの程度は子宮の強い収縮、骨盤内のうっ血、自律神経の乱れなど様々ですが、子宮の収縮によるものです。

生理痛が底まで辛くなかったり、毎月ある程度決まった周期に訪れるという女性が本当に羨ましいと思う女性も多いです。

なかなか男性から理解を得られないですし、中には同性からも心無い一言を言われてしまうケースもあります。

なんで自分だけが決まった日に来なかったり、生理が重いのだろうと思っている人も多いでしょう。

生理が重い場合、血が出すぎてしまって貧血やめまいがあったり、時には立ち上げられなくなって日常にも影響が出てしまうという人もいるでしょう。

また、どうしても毎月くる生理のため生理痛を甘く見ている人もいますが、普段よりも生理が辛いとかいつもと違うと思ったらすぐに病院に行くようにしましょう。

というのは生理痛は病気のサインでもあるわけです。

生理痛には子宮筋腫や子宮内膜症などの病気のサインの可能性があります。またこれらの症状はなかなか自覚症状がなくて発見が遅れてしまう可能性があります。

生理に違和感を感じたり、今までにない痛みを感じたのであれば病院に行って相談をして診てもらいましょう。

漢方では主に月経痛や月経困難症などは主に血液や血液循環のバランスが乱れているのではないかと考えています。

血そのものに対してや血流や血行不良などを改善することで改善へと導く薬が処方されるわけです。

あまりにも生理痛が重くて遺体という人は今は市販薬でも生理痛に対する薬は販売されています。

辛い時はそれを使用して乗り切り、さらに漢方によって生理不順を治したり、生理痛の軽減をする事が大切です。


またここ最近では働く女性が増えてきていますよね。

厳しい社会に身を置いている女性はストレスから生理が遅れたり、生理痛が重くなってしまう人もいるので、まずはリラックスして心にゆとりを持つことが大切です。

漢方では健康的な生活を送ったり、毎日夜遅くまで起きていて寝不足な生活をしていたり、偏った食事をすることで血が乱れてしまい、生理不順が起こるとも言われています。

健康な毎日を過ごすということにしましょう。

↑ PAGE TOP