神経痛・リウマチ

慢性化することも

鋭い痛みが続く

神経痛・リウマチ

少しでも緩和できるように

関節リウマチは、免疫の異常により、主に手足の関節が腫れたり痛んだりする病気です。

あまり馴染みが無いという人もいるかもしれませんが、進行して重症化してしまうと、骨や軟骨が壊れてしまい関節が動かせなくなって日常生活が大きく制限されてしまうこともあります。

さらにこの炎症は関節だけでなく、目や肺などの全身に広がってしまうことも考えられるのです。

リウマチの初期症状として、熱っぽい、からだがだるい、食欲がないなどの症状が続いたり、朝方に関節に違和感やこわばりを覚えたりもします。

そこから徐々に小さな関節が腫れ、やがて手首やひじ、肩、足首やひざ、股関節など全身の関節へと広がっていくのです。

関節リウマチが発症する要因として感染、過労、ストレスなどがきっかけに起こることが多いです。

人の体には細菌やウイルスなどのから守る免疫があるのですが、この仕組みがストレスや過労などから異常が生じてうまく機能しなくなってしまい、本来、関節を守る組織や骨、軟骨を外敵とみなして攻撃して壊してしまうのです。

こうした病気は“自己免疫疾患”とよばれ、体質的にかかりやすい人もいれば何らかの原因で発症してしまうということがあるようです。

これといって原因はまだ良く分かっていません。

リウマチが遺伝で発症することもありますが、一般にそれほど強い遺伝性はないといわれています。

また男性よりも女性のほうがかかりやすく主に30~50歳代で多く発症すると言われています。

日本におけるリウマチ患者さんの数は多く、70万人~100万人とも言われており、毎年約1万5000人が発症しています。

男女比では人口1000人あたり女性5.4人、男性1.1人と、女性のほうが起こりやすい病気でもあります。

そのため妊娠・出産をした女性がリウマチを発症するという報告もあるのです。

また神経痛とは、体の神経に沿って起こる痛みのことをいいます。痛みというのは人それぞれ感じ方が違いますし、当人でしか分からないものですが、神経痛の場合は鋭く激しい痛みが起こり、数秒から数分で落ち着くのが特徴です。

「電気がビリビリと走るような痛み」「ナイフで刺されたような痛み」などと表現されるほどつらい痛みを発症するケースもあり、落ち着いた後に再び痛みが走るということもありますし、痛みがなくても痛みがあった場所を押すと痛みが生じるというケースもあるのです。

神経痛にも色々なタイプがあり、腰椎から足の裏にかけて痛くなる坐骨神経痛、顔面が痛くなる三叉神経痛、胸椎から肋骨にかけて痛くなる肋間神経痛と別れています。

神経そのものにダメージがあったり、ストレスなどから酷使されてしまったりすることで障害や新家痛が起こったりするものだということはわかっていますが、そのメカニズムはまだはっきりは分かっていません。

症候性神経痛は、診察や検査をすると、末梢神経を刺激して痛みを起こしている骨の変形や腫瘍、外傷などの病変が見られ自覚症状が無い人でも綿密に検査をすると様々な問題が実は体の中では起こっていたということもあります。。

神経痛やリウマチに関して漢方薬では「疎経活血湯(ソケイカッケツトウ)」が有名です。

疎経活血湯17種類からなる生薬で、痛みを散らしたり、血液の循環を良くしたり、余分な水分を取り除く生薬が入っていて、血液や水分の通り道の流れをよくし、血液循環や水分代謝を活発にする役割があります。

特に下半身に関する痛みに効果的とされていて腰痛を患っている人などにも効果が発揮されると言われています。

漢方薬だけではなくて鍼灸師に相談をしたり、1つの方法ではなくて様々な方向からアプローチをしていきましょう。

↑ PAGE TOP