ストレス

現代はストレス社会

発散することが大事

ストレス

溜め込んでも仕方が無い

現代社会はストレス社会。

非常に多くの人が仕事でストレスを感じています。

仕事がただ単純に辛いというだけではなくて、仕事の量に対する対価がなく仕事量は増えるのにも関わらず、給料は全然上がらない。

さらに対人関係、将来への不安など、原因は色々なものがあります。1つの要因ではなくて複雑に絡み合っている状態でもあるのです。

人は過度のストレスがかかると、人体に多大な悪影響を与えてしまうことになり、今は社会人の多くがうつ病などの精神疾患にかかっているとされています。

精神的な面だけではなく、胃痛や食欲不振、性欲減衰など様々な症状となって体がボロボロになっていきます。

ストレスを感じている人も今現在は特にストレスを感じていないという人もストレスが身体や心に与える影響を考えると早急に対応をしたほうが良いのです。

ストレス対策に漢方薬がむいているので紹介していきます。

ストレスというのはやはり職場で多いと思います。嫌な上司だったりなかなか成績が上がらなかったり、頼まれる量があまりにも多すぎてしまうということが多いようです。

職場でもストレスを数えたらキリが無いことでしょう。近年うつ病患者もかなり増えてきています。

このストレスが慢性化してしまうと様々な病気の原因となってしまいます。

不眠症や自律神経が崩壊して体温調節が出来なくなったり、喜びや生きがいを感じることが減少したりしてしまいとても危険な精神状態にもなってしまうわけなるべく自分の中でストレスを発散する方法を覚えて起きましょう。

例えば、運動をしたり、マッサージを受けたり、暗闇の中で瞑想をしたり、癒しの音楽を聴いたりなどなどゆっくり風呂に入ったりなど自分独自のストレスを発散することがとても重要になってきます。

少しでもストレスを軽減させるようにしましょう。

ただし、暴飲暴食やお酒でストレスを発散するようなことは控えるようにしましょう。そういったストレスの発散するのは体にも不健康ですので他の方法を自分なりに見つけましょう。

西洋薬は慢性的なストレスの影響で減少したドーパミンやセロトニンに直接働きかけ、増やすことにより症状を改善させる薬もあります。

漢方の場合はストレスホルモンに対して働きを鈍化させ緩和させたり、喜びや生きがいを感じるドーパミンやセロトニンが減らないようにする薬です。

西洋医薬品はピンポイントでうつ改善薬が出ていますが、漢方薬の場合は体質や症状によって生薬を組み合わせて処方されるため、うつ病だけでなくストレスホルモンによって起こる他の不調にも効くという特徴があるのです。

ここ最近ストレスを感じるなって思ったらまずは病院にいって相談しましょう。

ストレスというのは溜め込めば溜め込むほどダメージが大きくなっていきます。

↑ PAGE TOP